ASEAN・インドの拡大外相会議

(VOVWORLD) -シンガポールで開催中の第51回ASEAN外相会議と関連会議の一環で、3日午前、ファム・ビン・ミン副首相兼外相とインド外務省のビジェイ・クマル・シン国務相は、ASEAN・インドの拡大外相会議を主宰しました。
ASEAN・インドの拡大外相会議 - ảnh 1  写真: http://baoquocte.vn

ASEANとインドとの関係強化方向について、双方の代表は、海洋協力分野を中心にして、全面的な協力を強化し、貿易・投資の円滑化を図り、2025年までに双方の貿易総額を2千億ドルにするよう取り組み、情報技術やデジタル経済、スマートシティ開発、文化交換、草の根交流などを行うことで一致しました。また、地域と国際の状況について、ベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)における軍事拠点化の活動に懸念を表明すると共に、海域における平和、安定、安全保障、航行の自由の重要性を強調し、国際法、とりわけ1982年の国連海洋法条約に沿ってあらゆる紛争を平和措置で解決する必要があると訴えました。

この際に、ミン副首相兼外相は、朝鮮民主主義人民共和国の李 容浩外相と会談しました。席上、ミン氏は「ベトナムは、朝鮮民主主義人民共和国との伝統的な友好関係の強化、発展を重視している。」と強調しました。一方、リ外相は「両国関係を新たな段階に押し上げたい」との希望を表明しました。

関連ユース

ご感想

他の情報