ASEAN・中国国防相非公式会議が始る

ASEAN・中国国防相非公式会議が始る - ảnh 1


ASEAN=東南アジア諸国連合の第10回国防省会議の枠内で、25日午後、ラオスの首都ビエンチャンで第6回ASEAN・中国国防相非公式会議が行なわれました。席上、中国の常万全国防相はASEANと中国が海上の共同巡回や演習、テロの防止などを通じて協力を強化するよう要請しました。

また、ASEAN諸国と中国の国防相らは国防・安全保障分野での協力を高く評価するとともに、地域で平和、安定が維持されているものの、平和と安定を脅かす危機が潜伏しているとの見解を明らかにしました。また、あらゆる問題を平和的措置で解決し、武力による威嚇、または武力行使をしないという公約を再確認しています。

会議でベトナムのゴ・スアン・リック国防相はASEANの中核的な役割、とりわけADMM=ASEAN拡大国防相会議やARF=ASEAN地域フォーラムの協力に対する貢献を支持すると強調しました。また、ASEANの努力の傍ら、中国をはじめ、対話国の支援、貢献が重要であるとの見解を示すとともに、2つの提案を提出しました。第1、二国間、及び多国間の形で、協議や情報の交換を進め、ASEAN諸国と中国の国防相間の直接的なホットラインを設立すること。第2、海上の安全保障を通じての信頼醸成や海上衝突回避規範の適用範囲の拡大を進め、ベトナム東部海域での飛行に関する同様の規範を作成するということです。

なお、これを機に、リック大臣はマレーシアの国防相と個別会見を行い、両国軍隊間の協力強化の措置について討議しました。

ご感想

他の情報