ASEAN合同諮問会議とASEAN高級実務者会合

(VOVWORLD) -これらの席で、ASEAN=東南アジア諸国連合加盟諸国の代表は、第34回ASEANサミットの議事日程や、活動計画、及び採択される予定の文書などについて討議しました。

去る5月28日から29日にかけて、タイの首都バンコクで、JCM=ASEAN合同諮問会議とSOM=ASEAN高級実務者会合が開催されました。これらの席で、ASEAN=東南アジア諸国連合加盟諸国の代表は、第34回ASEANサミットの議事日程や、活動計画、及び採択される予定の文書などについて討議しました。これに基づき、第34回ASEANサミットで、ASEAN加盟諸国の指導者らは、地域内の協力と連結の強化、ASEAN共同体の構築、ASEANとパートナーとの関係強化、及び地域と国際問題などについて討議することになります。

JCM=ASEAN合同諮問会議とSOM=ASEAN高級実務者会合で発言に立ったベトナム外務省のグエン・コック・ズン次官は「ベトナムは、ASEAN加盟諸国と緊密に連携して、2019年の優先事項を効果的に展開してゆく」と明らかにするとともに、ASEANの活動の効果向上に向けた措置を提案しました。

ご感想

他の情報