EAEUとASEAN間のビジネス対話

(VOVWORLD) - サンクトペテルブルク国際経済フォーラム2019の枠内で、8日、ロシアの首都モスクワで、 EAEU=ユーラシア経済連合とASEAN=東南アジア諸国連合のビジネス対話が行われました。
EAEUとASEAN間のビジネス対話 - ảnh 1 対話の様子

対話で発言に立ったベトナムのホアン・コック・ブオン商工次官は、ASEAN共同体の発展の道のりや、ASEAN共同体におけるベトナムの役割、ベトナムを始めとするASEANとEAEUとの関係などについて触れました。

ブオン次官によりますと、ベトナムとEAEU間のFTA=自由貿易協定は、ASEAN経済共同体に、EAEU加盟5ヶ国であるロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギスの市場を開拓するためのチャンスを与えています。この自由貿易協定が2016年に発効して以来、ベトナムとユーラシア経済連合との貿易取引総額は急速に増加しており、2018年の貿易取引総額は約61億ドルに達し、2016年と比べ103%増となっているとしています。

また、ベトナムとロシアは、伝統的友好関係を持っており、世界経済への参入過程における信頼に足る相手国であり、互いに補助し合っています。ASEANの積極的な一員であると同時に、EAEUとFTA協定に調印するASEAN最初の国であるベトナムは、ロシアを含むEAEU がASEAN加盟諸国との関係を拡大し、市場を開拓するための架け橋としての役割を果たし続けます。ベトナムを通して、ユーラシア加盟諸国は、ASEAN共同体と共に、工業、エネルギー、貿易における協力を促進することが出来るということです。

ご感想

他の情報