EU首脳会議、難民支援を強化


23日、ブリュッセルで、EU=欧州連合は緊急の首脳会議を開き、対策を協議しました。その結果、中東にとどまる難民を支援する国連の機関に日本円にして少 なくともおよそ1300億円を新たに拠出するほか、シリアから多くの難民を受け入れているトルコやヨルダンなどへの支援を増やすこと、さらに、難民の審査 を厳しくする方針などを決めました。


EU首脳会議、難民支援を強化 - ảnh 1
クロアチアの難民(写真:ロイター)

会議後の会見でEUのトゥスク大統領は「今後も多くの難民や移民が押し寄せるとみられ、彼らに門を開く政策は修正する必要がある」と述べ、難民たちがヨーロッパを目指す動きに歯止めをかけていく考えを示しました。

EUは22日に開いた内相会議で16万人の難民を分担して受け入れることを決めましたが、一部の国の間で不満がくすぶっています。首脳会議では、対立が鋭い難民の受け入れの問題から、難民の流入を抑える対策に焦点を移すことで、一致した姿勢を打ち出すねらいがあったものとみられます。

 

ご感想

他の情報