G20財務省会議、閉会


10日、G20=20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議は共同声明を採択して閉幕しました。

日本とユーロ圏の景気回復が緩慢 であることを指摘し、低インフレは経済停滞につながるため、金融政策や財政政策を継続的に見直し、「必要な場合には断固として行動する」と明記しました。テロ資 金の根絶に向けた連携の強化でも合意しました。

金融政策は金融緩和に踏み切った日欧・新興国と、引き締めに向かう米国で二極化していくとの認識を共有しました。金融市場が動揺しないように「慎重に調整し、市場との明確な対話が必要」との考えを表明しました。

 

 

ご感想

他の情報