G7エネ相会合始まる


5月1日夜、日本の北九州市で、G7=主要7カ国のエネルギー相会合が開幕しました。G7エネルギー相の全体会合では、資源安で石油や、天然ガスなどエネルギー資源の開発投資が減っていることを踏まえ、将来の供給不足を避けるために投資をどう促すかを議論しました。

G7エネ相会合始まる - ảnh 1
林幹雄経済産業相(写真:meti.go.jp)

2日に開発投資の促進や液化天然ガスの取引市場の整備で各国が協調することなどを盛り込んだ共同声明をまとめて閉幕しました。

日本の林幹雄経済産業相は全体会合に先立ち、アメリカのモニツエネルギー長官と個別に会談し、原子力発電所の安全対策で協力を深めることで合意しました。地震が原発に与える影響をシミュレーションする技術を共同で研究開発します。

 

ご感想

他の情報