G8サミット閉会

アメリカで開かれていた主要8カ国首脳会議は19日、ギリシャのユーロ圏残留への期待を表明する共同宣言を採択し閉幕しました。

ただ、ユーロ危機対策をめぐる根深い対立は水面下で残されたままです。G8首脳は共同宣言で、「世界の安定と回復のため、強く団結したユーロ圏が重要だとの認識で一致した。ギリシャが約束を尊重しユーロ圏に留まることに対するわれわれの関心を確認した」と宣言しました。

アメリカのオバマ大統領は、緊縮財政よりも経済成長と雇用確保が優先されるべきだとの考えで各国首脳が合意したと明らかにしました。

一方、G8はイランに対し、より厳しい追加エネルギー制裁を課すとの強いメッセージを送るとともに、原油市場に適切な供給を行い、原油価格の高騰を防止することを約束しました。

ご感想

他の情報