GMS6とCLV10の活動が始まる

(VOVWORLD) - これは、ベトナムが2018年に主催する3件の多国間活動の中の1つです。

既にお伝えしましたように、29日から31日に、ハノイで、GMS6=第6回大メコン圏首脳会議や、CLV10=カンボジア・ラオス・ベトナムからなる開発三角地帯第10回首脳会議が行われます。

これは、ベトナムが2018年に主催する3件の多国間活動の中の1つで、各国から2000人の代表が参加する予定です。29日、大メコン圏諸国の実務者会議や、CLVの技術協力作業部会が開幕しました。

ベトナムがGMSとCLVの首脳会議を主催することは、日増しに高まっている自国の地位や、地域間協力体制への貢献を示すものと見られています。また、これらは、各国の首脳らが投資・貿易協力や、メコン川の水源の持続可能な使用・管理の強化策などを討議する場にもなっています。

ご感想

他の情報