HCM市 、子どもの保護ケアで座談会が開かれる

(VOVWORLD) -座談会の代表は「子どもの保護ケアに発生する試練を点検し、関連各側の責任を究明する必要がある」と強調しました。

3日午前、ホーチミン市で、「子どもの保護ケア・内部者の目で見た」をテーマとした座談会が開かれました。

座談会では「児童法が施行されていることは子どもの保護ケアに対する認識、態度、行動に一定の変化を見せたものの多くの問題点が残されている」との見解が明らかにされました。

また、座談会の代表は「子どもの保護ケアに発生する試練を点検し、関連各側の責任を究明する必要がある」と強調しました。

労働傷病軍人社会事業省所属子ども保護ケア局のダン・ホア・ナム( Dang Hoa Nam) 局長は次のように語りました。

(テープ)

「今後も、私たちは子どもと未成年者に対する司法システムや法律を引き続き完備させる必要があります。これと同時に、子ども保護サービスを急速に発展させ、これらのサービスを連携させる体制を整えなければなりません」

ご感想

他の情報