IFC、ダクラク省コーヒー栽培業者への訓練

16日、IFC=国際金融公社は、世界最大のコーヒーメーカーの一つであるモンデリーズ・インターナショナル社と協力合意書を締結しました。これは、コーヒーの持続的な耕作と経営管理の向上を目指してベトナム中部高原地帯テイグェン地方ダクラク省の農民5千人の訓練コースを行なうことになります。この協力は2020年をめどに、コーヒー経営者100万人を補助する「コーヒー・メイド・ハッピー」というプログラムの一部となっています。モンデリーズ・インターナショナル社は今年中、持続可能な生産によるコーヒーを西欧市場に供給すると公約しています。世界的にコーヒーの最大輸出国であるベトナムはこの目標の達成に重要な役割を果たしています。

ご感想

他の情報