IMF、ベトナムとの協力を強化

16日午後、ハノイで、グエン・タン・ズン首相はベトナムを訪問中のIMF=国際通貨基金のクリスティーヌ・マドレーヌ・オデット・ラガルド専務理事と会見しました。


IMF、ベトナムとの協力を強化 - ảnh 1
(写真提供:TTXVN)

席上、ズン首相はベトナムの経済社会発展事業について紹介し、その中で、「この数年間、ベトナムは多くの成果を収め、経済を安定的かつ効果的に発展させている」と明らかにしました。

また、「国際社会への参入が進められている背景の中で、自国の努力と、IMFを含め国際社会の支援により、ベトナムはさらに大きな成果を収めていく」との確信を示した上で、IMFに対し、今後もベトナムへの支援を継続するよう訴えました。

一方、ラガルド専務理事は、ベトナムの成果に深い印象を表明した上で、「今後もベトナムは生産性を高めていく必要がある」との見方を示しました。

また、「現在、IMFは、ベトナムを金融面だけではなく、技術と人材育成の面でも支援している」と明らかにし、「IMFは常に、ベトナムとの協力を促進し、ベトナムの開発目標の実現のために支援したい意向にある」と再確認しました。

ご感想

他の情報