IS、イラク南部の自爆テロで犯行声明


イラクの首都バグダッドから南におよそ230キロ離れた南部のサマ―ワで、1日、地元政府の建物の近くで車が爆発し、その数分後、数十メートル離れたバス停の近くでも別の車が爆発しました。

IS、イラク南部の自爆テロで犯行声明 - ảnh 1
爆発現場(写真:AFP)

地元の警察によりますと、この相次ぐ爆発で、これまでに少なくとも33人が死亡し、65人がけがをしたということです。

この爆発について、過激派組織ISがインターネット上に声明を出し、「1人の戦士がサマ―ワの中枢を狙って車を爆発させ、人が集まったところで、もう1人の戦士が車を爆発させた」として犯行を認めました。

ご感想

他の情報