IS掃討へ最終攻勢、シリア部隊が作戦開始

【AFP】シリアで活動するクルド人主体の民兵組織「SDF=シリア民主軍」は1日、同国東部にあるイスラム過激派組織「IS=イスラム国」最後の拠点への最終攻勢を開始しました。SDF報道官が明らかにしました。

IS掃討へ最終攻勢、シリア部隊が作戦開始 - ảnh 1       (写真:AFP/ TTXVN)

SDFは昨年9月以降、IS最後の拠点に対し進攻を続けており、現在はISの残党数百人が0.5平方キロ未満の地区に残るのみとなっています。SDFのムスタファ・バリ報道官は「ISIS(ISの別称)最後のとりでの一掃作戦がつい先ごろ始まった」と述べました。

SDFは1日、ISが樹立を宣言した「カリフ制国家」消滅の地となりつつあるバグズ村から、人々をトラック6台で避難させました。バリ氏によりますと、避難させられる住民はこれが最後で、村内に残っているのはIS戦闘員のみだといいます。

一方、ドナルド・トランプ米大統領はこの前日、再び見切り発車をして対IS戦での勝利を宣言していました。トランプ氏は2月28日、ベトナムからの帰途で立ち寄った米アラスカ州で、軍人らを前に「制圧した。シリアのカリフ制国家(の制圧状況)について、90%だとか、92%と聞かされ続けてきただろうが、今は100%だ。制圧した」と話しました。

ご感想

他の情報