Luxstayが韓国の2つの投資家から資金を調達

(VOVWORLD) - ベトナムで営業しているホームシェアリングプラットフォームであるLuxstayは、韓国から2つの新たな投資家、GS Home Shopping(GS Shop)とBon Angelsの参加を得て、ブリッジラウンドの資金調達を完了しました。

この450万米ドルの契約はベトナムのテクノロジースタートアップにとって相当額の初期投資を意味します。

2017年に設立されたLuxstayは、GS ShopやBon Angelsだけでなく、日本のサイバーエージェント・ベンチャーズと、ジェネシア・ベンチャーズ、シンガポールのESP CapitalとFounders Capital、韓国のNextransなど、他のトップクラスのベンチャーキャピタル投資家も誘致しています。

なお、ベトナムにおけるホームシェアリング市場はまだかなり新しいですが、こうした短期レンタル活動の2018年の収益は1億米ドル超を記録しています。しかし、70億米ドルの宿泊施設市場全体からみればかなり控え目です。先進国では、ホームシェアリングはホームレンタル市場の10-20%を占めていることから、これはベトナムのホームシェアリング産業にとって大きなチャンスであり、2025年には20-40億米ドルに達すると予測されています。

ご感想

他の情報