NZマテパラエ総督、次々と公務をこなす(2)

NZマテパラエ総督、次々と公務をこなす(2) - ảnh 1

5日午前、ハノイでベトナムを国賓として訪問しているニュージーランドのジェリー・マテパラエ総督を迎える歓迎式典が行なわれました。

その直後、チュオン・タン・サン国家主席とマテパラエ総督は会談を行ないました。席上、サン国家主席は同総督による今回のベトナム訪問は両国の全面的パートナー関係の一層強化に寄与するとの確信を表明しました。また、サン国家主席とマテパラエ総督はこの40年近く、特に両国関係が2009年に全面的パートナー関係に格上げされて以来、両国関係が益々良好に発展していることに満足の意を表明しました。また、ベトナム東部海域、いわゆる南シナ海問題について、両指導者は南シナ海での平和・安定・安全保障・航海の自由の重要性を再度強調し、国際法と1982年の国連海洋法条約に従ってあらゆる紛争を平和措置で解決することや、DOC=南シナ海行動宣言を十分に実現し、COC=南シナ海行動規範を早期に締結することで一致しました。

会談後、サン国家主席とマテパラエ総督は、2013年~2016年期の行動プログラムと二重課税防止協定の調印式典に立ち会いました。

その後、両指導者は記者会見を行ないました。席上、サン国家主席は次のように語りました。 (テープ)

「双方は、重要な問題について討議し、政治、経済など多くの分野における両国関係の発展へ向けた方向を提出しました。政治面では、双方は高級代表団の相互訪問と草の根交流を維持させる事で一致しました。貿易面では、2015年までに両国の貿易取引額を10億ドルにする事で合意しました。」

なお、この機に、マテパラエ総督はチュン・タン・サン国家主席夫妻に対しニュージーランドの国賓としての訪問を招きました。サン国家主席はこの招きに応えました。

ご感想

他の情報