PwC、ベトナム経済の展望を評価


さきごろ、ロンドンに本部を置くコンサルティングファームであるPwC=プライスウォーターハウスクーパース株式会社は2030~2050年期の世界の経済発展展望に関する報告を発表し、その中で、「2050年に、ベトナムは世界最大のGDP=国内総生産を持つ22ヶ国のリストに入る」と予測しています。

具体的には、2030年に、ベトナムは、世界最大のGDPを持つ国々のランキングで、28位に、そして、2050年に22位になります。その21と20位はタイとフィリピンだとしています。

PwCはさらに、「2030年に、中国は世界最大の経済大国となり、そして、アメリカとインドは2位を争う」との予測も出しました。

 

ご感想

他の情報