PKO工兵要員を対象とした重機の操作訓練2018、開幕

(VOVWORLD) -5日、ハノイで、ベトナム国防省所属ベトナム平和維持局は、PKO=国連平和維持活動の工兵部隊派遣要員を対象とした重機の操作訓練2018の開幕式を行いました。
PKO工兵要員を対象とした重機の操作訓練2018、開幕 - ảnh 1

訓練には、ベトナム、ブータン、カンボジア、フィジー、インドネシア、ミャンマー、ネパール、東ティモール、及びシンガポールの9カ国から16人のPKO要員が、日本の20人の教官の指導の下で、参加しています。

訓練内容は、ブルドーザ、油圧ショベル、バケットローダ、グレーダ、ロードローラ等の重機の操作や整備となっています。

ベトナムが、国連平和維持活動に部隊を派遣したことは、自国の外交路線の遂行を実現する突破口であり、国防安全保障を始めとする多国間の協力活動の量・質ともに変化を示しています。

関連ユース

ご感想

他の情報