「Seeing is Believing」プログラムに7万ドル以上の義捐金

(VOVWORLD) - 先ごろ、スタンダードチャータード銀行ベトナム支店は行った中部フエからダナン市までの自転車レースを通じて、回避可能な視覚障害撲滅を目指す「Seeing is Believing」というグローバルプログラムに7万4千ドルの義捐金を募りました。

この義捐金はベトナムをはじめ、スタンダードチャータード銀行の支店が置かれる国々の視覚障害者のケアに充てられます。これはスタンダードチャータード銀行の「Seeing is Believing」プログラムの開始15周年を記念する活動の一環です。

なお、このプログラムの枠内で、240万ドル相当の3件のプロジェクトがベトナムで行われており、視覚障害者220万人あまりを対象としています。

ご感想

他の情報