VME2019が始まる

(VOVWORLD) - 11回目となる今年のテーマは「スマート・ファクトリー」が前面に打ち出され、部品メーカー向けの「Industrial Components & Subcontracting Vietnam(ICSV)」や 板金加工分野の「Vietnam Sheet Metal」、ロボット産業を対象とした「ROBOT X」が併催されるなど、製造業の生産性向上に資するショーケースとして、前年を超える集客が期待されています。

14日午前、ハノイで、機械分野の大規模展示会「Vietnam Manufacturing Expo 2019」が開幕しました。11回目となる今年のテーマは「スマート・ファクトリー」が前面に打ち出され、部品メーカー向けの「Industrial Components & Subcontracting Vietnam(ICSV)」や 板金加工分野の「Vietnam Sheet Metal」、ロボット産業を対象とした「ROBOT X」が併催されるなど、製造業の生産性向上に資するショーケースとして、前年を超える集客が期待されています。

同展示会では日本貿易振興機構(ジェトロ)が主催するジャパンパビリオンも設けられ、出展対象は、工作機械、搬送装置、計測・制御測定、生産工程自動化装置・サービス、金型・工具、素材(ワイヤー、チューブ、ケーブルなどとなっています。なお、同展示会は「第8回ハノイ部品調達展示商談会との同時開催となります。

ご感想

他の情報