サンジュ族の結婚式

(VOVWORLD) - サンジュ族の結婚はこの民族の豊かな文化や人生価値観を示すもので、これからも大切にされるべきです。
サンジュ族の結婚式 - ảnh 1 花嫁を迎える

ベトナム北部丘陵地帯に居住している少数民族サンジュ族は、独特な文化を誇りにしており、現在も大切にしています。その中で、結婚式はサンジュ族の愛情、考え方、マナー、精神生活など、この民族の文化を十分に示すものであるとされています。

サンジュ族の結婚式は3日間行われるのが一般的です。結婚式の最初の儀式は、男性の家族が女性の家族へ婚礼用品を持っていくというものです。これは女性の家族が求めた婚礼用品で、赤い紙で包まれています。赤は幸福や楽しみ、豊かさを象徴する色であると考えられるからです。女性の家族へ婚礼用品を持っていくことを担当するのは男性の家族の媒酌人です。この婚礼用品について、タイグエン省フォイエン県に住むサンジュ族の話をお聞きいただきましょう。

(テープ)

「結婚には必ず媒酌人がいます。女性の家族が求める婚礼用品は、2頭の豚、60リットルのお酒、銀の首飾りなどです。

サンジュ族の結婚式 - ảnh 2 婚礼用品を準備している男性の家族

女性の家族が求める婚礼用品の中、重さ50キロの豚、3羽の鶏、チャウカウという嗜好品などです。

チャウカウという嗜好品のほか、鶏もあります。それぞれの1羽の鶏には約1.5キロのもち米をつけて用意しなければなりません。」

結婚式の次の儀式は花嫁を迎える儀式です。この儀式にはいくつかのタブーがあります。まずは、花婿がこの儀式に参加できないのです。また、この儀式は夕方、つまり日没に行わなければなりません。そうしないと、新婦は不運やトラブルに遭うと考えられます。また、このタブーは、いい花嫁になることを祈願する意味もあります。

(テープ)

「サンジュ族の習慣では、午後4時ごろ花嫁を迎えに行き、日が沈むまで花婿の家に入ってはいけません。これは、昔から伝わる習慣です。

日が沈んでから、花嫁が花婿の家に入ると、その花嫁はより働き者です。昼間に花婿の家に入った花嫁はあまり勤勉じゃないと考えられています。」

サンジュ族の結婚式 - ảnh 3 赤いスカーフをかぶっている花嫁

花嫁は実家を出る前に、赤いスカーフと青いスカーフを頭にかぶります。赤いスカーフは女性の家族のもので、青いスカーフは男性の家族の物です。花婿の家に入る前に、青いスカーフは赤いスカーフの上に覆われるようになります。これは、花嫁が花婿の言葉に従うことを意味します。

そして、新夫婦の部屋に入る前に、花嫁の家族の人たちは、あわてて赤いスカーフを花嫁の頭から外さなければなりません。祈祷師ラム・ヴァン・クアンさんは次のように語りました。

(テープ)

「新夫婦の部屋に入る前に、花嫁の家族の人たちが赤いスカーフを急に外さなければなりません。もし、部屋の中に立っている花婿の家族の人たちが先に外せば、花嫁の介添え人は、花婿の友達の歌垣に応えて歌わなければなりません。」

花婿の家へ行く前に、花嫁が用意するものの中で最も重要なのはタオルです。花婿の家族の人数に合わせてタオルを用意しなければなりません。花婿の家に行ってから最初の朝、花嫁は早く起きて、花婿の家族の人たちが顔を洗うための水とタオルを用意します。それに対して、花婿の家族の人たちは、幸福を祈願する意味で、花嫁にちょっとしたお金を贈ります。

同日朝、花婿の家族は、花嫁の家族へ雄鶏や豚の足、餅などを持って行って感謝の言葉を述べます。これを機に、花嫁の両親は花婿の両親に対し、花嫁に花婿の家族の習慣などを教えるよう頼みます。

サンジュ族の結婚はこの民族の豊かな文化や人生価値観を示すもので、これからも大切にされるべきです。

ご感想

他の情報