ベトナム水産部門の困難

ベトナム水産部門の困難

(VOVWORLD) - 年初から5ヶ月間、ベトナムの水産物輸出額はおよそ28億ドルに達し、昨年同期と比べ、10・4%増となっています。
「メードinベトナム」商標権の譲渡

「メードinベトナム」商標権の譲渡

(VOVWORLD) - この間、世界各国で、商標権の譲渡が発展する傾向にあります。経済参入が進められている背景の中で、ベトナムも例外ではありません。しかし、ベトナムの多くの企業にとって、商標権の譲渡は新しい概念です。
「2020年をめどに100万社の企業設立」目標達成へ

「2020年をめどに100万社の企業設立」目標達成へ

(VOVWORLD) - 民間経済セクターは労働力の85%を集め、GDP=国内総生産のおよそ40%を占めています。毎年発表されるVNR500=ベトナムトップ500の企業リストから見れば、民営企業の重要な役割が分かるでしょう。
市場経済に見合うよう国営企業を刷新

市場経済に見合うよう国営企業を刷新

(VOVWORLD) - 現在、国営企業の株式化が積極的に進められていますが、市場経済体制に合致し、国の国際社会への参入事業の要求に応えるという方向を確保しなければならないと指摘されています。
持続的な輸出の発展へ向けて

持続的な輸出の発展へ向けて

(VOVWORLD) 輸出を促進するため、輸出入手続きの改革で各省庁、部門の協力を強化する必要があります。これは持続的な輸出の発展に土台をつくるとみられます。
ドンナイ、選択的な外資誘致

ドンナイ、選択的な外資誘致

この数年、南部ドンナイ省は10億ドルというFDI=外国直接投資を誘致するという目標を掲げています。FDI誘致で、トップに立っているドンナイ省としてはこれは決して高くない目標であり、外資を選択して誘致するとしています。
商品の質的向上を重視する農業再構築

商品の質的向上を重視する農業再構築

この数年間、ベトナム農業部門は、成長を維持するために、再構築活動を進めています。気候変動への対応や、国際社会への参入に伴う競争の激化への対応の傍ら、農家・企業間の連携の強化や、農産物の質的向上も重視されています。
2017年の経済成長目標の達成へ向けて

2017年の経済成長目標の達成へ向けて

 今年は2016年から2020年期の経済社会発展5カ年計画の実施で重要な一年であるとされています。国会が打ち出した6.7%というGDP成長率を達成するため、今後、経済発展を加速させる適切な措置をとらなければなりません。
国際基準によるコメ生産

国際基準によるコメ生産

先ごろ、ベトナム企業「ロクチョイ」社や、世界銀行グループの一員であるIFC=国際金融公社、国際稲研究所、持続可能なコメづくりプラットフォームの協 力によるSRP=持続可能な稲作プログラムが継続されることが発表されましたが、これは、メコンデルタ地域の農家らにとって、喜ばしいことと見られていま す。
輸出促進に向けてのロジスティックス・サービスの発展

輸出促進に向けてのロジスティックス・サービスの発展

ロジスティックス・サービスは、国の経済社会の発展や、各地方の交通結合に重要な役割を果たしています。ベトナムのロジスティックス・サービスは弱点を見せながらも、発展を遂げており、輸出入企業に、コストの削減や外国企業との競争の強化に寄与するとしています。
ベトナムへのFDIをめぐる問題

ベトナムへのFDIをめぐる問題

2016年、ベトナムへのFDI=外国直接投資額は158億ドルに達し、過去最高となっています。国際社会への参入事業がもたらすメリットや、投資・経営環境改善のための政府の努力などの要素により、ベトナムは外国人投資家の魅力的な投資先であり続けると評されています。
エビ輸出額の増加へ向けて

エビ輸出額の増加へ向けて

ベトナム農業農村開発省はエビ養殖産業発展計画を立案中で、2025年までにエビ輸出額を100億ドルにするという目標を掲げています。
ハイテクアグリカルチャーを開発するハーナム省

ハイテクアグリカルチャーを開発するハーナム省

ベトナムでは、農民を連結させ、飛び地の土地を一箇所に集中させることがハイテクアグリカルチャーへの企業の投資の誘致に役立っています。特に、北部ハーナム省はこの開発モデルにおいて成果を収めています。
経済発展に向けて、ベトナム製品を使おう

経済発展に向けて、ベトナム製品を使おう

この数年、「ベトナム人は率先してベトナム製品を使おう」運動は企業各社に国内市場の潜在力とメリットへの理解を深める上で、製品の質的向上を通じて、消費者への責任感を芽生えさせてきました。これにより、ベトナム人消費者に国内製品を愛用するようになり、国の持続的な経済発展に貢献したとしています。
HCM市の証券市場

HCM市の証券市場

ホーチミン市の証券市場は全国市場の90%のシェアを占めています。同市が国営企業の株式化を進めている現在、証券市場の成長は市内の持続可能な経済発展事業の原動力になると見られています。
ベトナムのフルーツの価値向上

ベトナムのフルーツの価値向上

2016年、ベトナムフルーツの輸出額は初めておよそ20億ドルに達しました。その中には、南部メコンデルタのフルーツ産地の大きな貢献があります。これにより、フルーツはお米とともに農業部門の主力輸出品となっています。
メコンデルタの農業

メコンデルタの農業

南部メコンデルタの農業は常に、国の発展事業において重要な役割を果たしています。しかし、この地域の農業は持続性が低く、近代的農業生産の要求に応えられていないと指摘されています。