ダクラック省に住む優れた女性ホ・ボップ・アユンさん

2017年3月1日 - 15:00:00


タクラック省に住む優れた女性ホ・ホッフ・アユンさん hinh 0
ホ・ボップ・アユンさん(左)


中部高原地帯テイグェン地方ダクラック省クモガル村ホクア村落に住むホ・ボップ・アユンさんは、困難にもあげずに、財を成したというお手本として知られています。先ごろ、彼女は、ベトナム婦人連合会から2011~2016年期の「優れた女性」という称号を授与されました。

ホ・ボップ・アユンさんの話によりますと、かつて、彼女の家庭は極めて困難でした。社会政策銀行から5百万ドン(2万7千円程)の融資を受けて、ヤギ飼い、起業を始めました。ヤギの飼育が順調になった為、2年後には、銀行に借金を返済し、とうとう完済に至りました。そして、彼女は、牧畜、コーヒー畑、稲作の拡大に投資を行いました。ホ・ボップ・アユンさんは次のように明らかにしました。

(テープ)

「ヤギの飼育は、豚や鶏、アヒルより高い経済的効果をもたらしたのです。ヤギは、葉だけを食べていて、あまり病気にもならず、それに手入れの手間がかからないという利点があります。ヤギ飼育のお陰で、我が家の生活は改善されるようになったよ。」

ホ・ボップ・アユンさんは家族の経済発展を遂げると共に、常に現地の貧しい家庭を助けています。例えば、貧しい家庭に二匹の雌ヤギと雄ヤギを借りて、そして、ヤギが子ヤギを出産した後に、また、彼女に親ヤギを返すということです。これまでに、ホ・ボップ・アユンさんは20世帯あまりに親ヤギを提供してきました。その中の7世帯が困難な常態から脱出しました。それらの家庭の一つであるホロイ・ニエさん一家があります。ホロイ・ニエさんは次のように明らかにしました。

(テープ)

「当初、ホ・ボップ・アユンさんから2匹のヤギを飼育して数ヵ月後に、子ヤギが生まれました。現在、6匹になりましたよ。ホ・ボップ・アユンさんは常に恵まれない人々を助けてくれて、とても感動しています。そのお陰で、多くの家庭は、生活が改善されるようになりました。」

ホ・ボップ・アユンさんはさらに、村人にヤギ飼いの経験や、技術などを案内します。彼女は次のように語りました。

(テープ)

「多くの家庭が畜産のための資金が足りなかった為、彼らにヤギを貸し出したのです。ヤギの飼育を順調に進めるためには、飼育技術やヤギの手入れなどを上手く実現させなければなりません、例えば、ヤギが疫病にならないためにヤギの牧場は風通しがよく、いつも清潔にして衛生的であるべきです。」

現地の貧困解消作業に大きな貢献をしてきたことから、ホ・ボップ・アユンさんは、ベトナム婦人連合会から2011~2016年期の「優秀な女性」という称号を授与されました。

タクラック省に住む優れた女性ホ・ホッフ・アユンさん hinh 1
ホ・ボップ・アユンさんはベトナム婦人連合会から「優れた女性」称号を授与された


クモガル村婦人会のリュック・ティ・フエ会長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「ホ・ボップ・アユンさんは婦人会の諸活動に積極的に参加しています。彼女は、具体的な行動で、貧困な状態にある女性たちに経済発展を助けてきました。ホ・ボップ・アユンさん一家の経済発展モデルは、他の家庭が見習うべきお手本となっています。」

実際、ホ・ボップ・アユンさん家庭の経済発展方式は貧困解消に寄与したことから、コミュニティの中に拡大されています。