ドンタップ省のライブン蜜柑畑

2016年12月28日 - 16:00:00



ドンタップ省の南側に位置するライブン県は古くから伝統的文化と観光の面で豊かなところです。また、たわわに実る蜜柑畑、絡み合う運河のある地方としても有名です。

トンタッフ省のライフン蜜柑畑 hinh 0
(写真:dulich24h.com)

メコン川の支流であるディン川とハウ川に挟まれたライブン県は豊富な淡水と豊かな土壌に恵まれていることから、蜜柑の産地として誇っています。ドンタップ省の省都サーデック市から西へおよそ10キロ離れたこのライブン県は「蜜柑の王国」に例えられています。

地元の住民によりますと、ライブン県で、蜜柑が栽培され始めたのは20世紀初頭のことです。他の地方から持ち込まれた蜜柑の種子は普通の種類でしたが、この地に植えられると、特別な蜜柑となりました。ここに植えられる蜜柑は水分が多く、甘味がある果実をの実らせるからです。ライブン県の蜜柑畑の農家 チュオン・テイ・ネン ( Truong Thi Nen) さんは次のように語りました。

(テープ)

「この蜜柑の栽培には粘土質の土が合うのです。ライブン県は蜜柑の栽培に適した条件に恵まれていますが、全ての村はこの蜜柑を植えることではありません。」

蜜柑の収穫期に、ライブン県の蜜柑畑が賑わいます。この時期に、蜜柑畑に行くと、蜜柑もぎ作業に参加したり、甘い蜜柑を存分に味わったりできます。最近、ライブン県は交通の便がよいいくつかの蜜柑畑を選んで、観光に利用してきました。これらの生態観光地を訪れる観光客は甘い蜜柑を味わいながら、南部の民間芸能ドンカータイトゥ( Don ca tai tu)を楽しみます。

現場の音

蜜柑が実るころ、多くの写真家がここにやってきて、南部色が濃いこの地方の美しさを写真に収めます。そして、ライブン蜜柑が列車や小船に載せられて、全国各地に運ばれています。

トンタッフ省のライフン蜜柑畑 hinh 1
(写真:dulich24h.com)


近年、ベトナムの旧正月テトが近づくと、ライブン蜜柑畑に行き、蜜柑を買うホーチミン市を始め、南部各地の人々が増えています。彼らはテトにライブンの橙黄色の蜜柑を買って家に帰ると新年に幸運が訪れることを信じているからです。南部文化研究者グェン・ヒュ・ヒェウ( Nguyen Huu Hieu) さんは次のように語りました。

(テープ)

「テトに人々は赤や橙黄色の果物で祭壇に飾るのが好きです。そのため、ライブン蜜柑がよく祭壇に置かれるのです。ライブンは蜜柑の発展にとても見合う土地です」

ライブン蜜柑畑を訪れると昔話の世界に迷い込んでしまったかのような感じがします。茂った枝にたわわに実る蜜柑の姿は観光客にとってとても魅力的です。この蜜柑畑を訪れるとドンタップ地区の豊かさと地元の人々の親しみやすさが理解できるでしょう。