ライチャウ省のシンホー高原

2017年3月29日 - 16:00:00



観光客にとって、ライチャウ省のシンホーという高原はあまり知名度がないかもしれませんが、もし、一度でも訪れたならば、地元の手付かずの美しさのとりこになることでしょう。

ライチャウ省のシンホー高原 hinh 0

シンホー県は北部西北地域にあるライチャウ省の省都から西へ60キロ離れた所にあります。北は中国の雲南省、南はトアチュア県、東はフォントゥ県、西はムオンテー県に接しています。ライチャウ町から行く場合、多くの谷川、盆地、ジャングルを抜けなければなりません。

ディエンビエン省から行く場合、国道12号線やダー川に沿って、一年中雲に覆われている2つの峠を超えなければなりません。どの道を行くにしても、観光客は山間部の手付かずの美しさを鑑賞できる他、険しい山道を征服する体験をすることができます。

地元の言語によりますとソンホーの由来は「谷川が多くある所」という意味があります。ソンホー高原はライチャウ省の最も高い所にあります。ソンホー県の住民の一人グェン・タイン・チュンさんは次のように語りました。

(テープ)

「ソンホー高原はライチャウ省の屋根とされています。この高原の気候はラオカイ省の避暑地サパとほぼ同じです。一年中、涼しい気候に恵まれ、梨やすももなどの特産品があります。シンホー高原には『天の門』『仙女の山』棚田など多くの景勝地があります。特に、ここには原生林が多く残されています」

シンホー高原を探検する時、観光客は白い雲に覆われた高い山、または、黄金色に染まった稲田、あるいは、緑溢れる森林に点在しているモン族やザオ族など各少数民族の人々が住んでいる家屋を存分に眺めることができます。そして、シンホー町から遠くないところにはブーダオという村落があります。地元の少数民族の言語でブーダオは高い山という意味です。

イギリスのGecko Travelはこの村落を東南アジア地域における最も美しい目的地」として選んでいます。ハノイからの観光客グェン・トゥイ・リン( Nguyen Thuy Linh) さんは次のように語りました。

(テープ)    

「シンホー高原に着くと、この旅が本当に意義深いものだという感じがします。ここでの風景は穏やかで、見事です。シンホー高原が多くの観光客を引きつける理由の一つはこの高原が今も手付かずの美しさを持っているからです。また、水牛、羊、豚、魚などから作られた料理は美味しいです。特に、ここに行くと地元の人々が養殖している鮭を味わうこともできます」

ライチャウ省のシンホー高原 hinh 1

シンホー高原には15もの少数民族の人々が居住しており、その中で、最も多のがモン族、タイ族、ザオ族です。ここに行くと観光客は週末に開かれる定期市を見逃すことはできないでしょう。この市は毎週土曜日の朝に開かれますが、最も賑やかなのは日曜日です。市場には地元に住む人々だけでなく、シンホー町から一日かかる遠く離れたところの人々もいます。彼らは自分が作った品物を市場に持ってゆき、その品物を売ったり、他の品物と交換したりの物々交換をします。

地元の人々は定期市を祭りのように見なしていることから、誰もが最も新しく、美しい衣服を身にまとって、市場に行きます。シンホー市場に行くと、地元に住む各少数民族の人々の豊かな伝統的衣装を存分に眺めることができます。シンホー定期市は各少数民族の若い男女の出会いの場でもあります。市場で奏でる横笛を通じて、多くの男女が生涯の伴侶を得ます。ホーチミン市からの観光客ホアン・テイ・ゴック( Hoang Thi Ngoc) さんは次のように語りました。

(テープ)

「市場の雰囲気はとても賑やかです。西北部のすべての特産品が売られています。私はラオカイ省のバクハー市場、ハーザン省のドンバン市場に行ったことがありますが、シンホー市場は独特な美しさを保っており、売られている品物も豊富です。私たちは市場で多くの美味しい料理を味わいました」

一年中、涼しい気候に恵まれているシンホー高原ですから、観光客は年間を通じていつでも訪れることはできます。しかし、最も見事なのは春です。その時、シンホー高原は色とりどりの野の花々に覆われます。その風景を眺める観光客は日常生活の疲れを忘れられることでしょう。