ドイモイと共に歩むVOVの30年マルチメディアの発展へ

2016年12月30日 - 15:41:45

この30年、ベトナムの有力報道機関の一つであるVOV=ベトナムの声放送局は国のドイモイ=刷新や、報道に関する新しい構想の導入、放送番組制作への先進的な技術の導入で先頭に立ってきました。現在、VOVはラジオ放送、テレビ放映、電子新聞、活字新聞の4種類を運営するベトナム初のマルチメディアとなり、リスナーの情報需要に応えています。今日のこの時間はVOVのブ・ハイ副総裁が執筆した記事をお伝えします。


トイモイと共に歩むvovの30年マルチメティアの発展へ hinh 0

最も基本的な刷新は、報道内容に関する見解の刷新です。VOVはこれまでの一方的な報道をやめて、様々な角度から多面的な情報を提供することで大衆のフォーラムとなり、リスナーに放送に登場してもらう条件を作り出しています。また、大衆に向けて、正確で客観的な情報を伝え、全国の各世代のリスナーにとって信頼にたる友人となっています。現在、ベトナムの声放送局はVOV1、VOV2、VOV3、VOV4、VOV5、VOV FM91の6つのチャンネルを運営しており、多様でかつ豊富な情報を伝えています。その中で、VOV1は総合的な時事ニュース、VOV2はベトナムの文化、活動、科学、教育番組、VOV3は教養娯楽番組、VOV4は少数民族向けの番組、VOV5は 12カ国語の言語を媒体に世界各国の外国人とそこに在留するベトナム人向けの番組、VOV FM91は国内向け交通情報をそれぞれ放送しています。その後、FMの英語24時間放送や食品安全衛生と健康保護に関する放送が開始されました。現在VOV5を国家レベルの国外向け放送チャンネル、VOV4は国家レベルの少数民族向け放送チャンネルへと発展させる計画を勧めています。

インターネットやスマートフォンの誕生を受け、VOVの指導者らはマルチメディア・モデルの開発へ向けての発展戦略を作成する必要がある方針を固めました。1998年、VOVの週刊誌、1999年、vov.vnの前身であるベトナムの電子新聞VOVニュースが誕生しました。そして、2008年に、テレビ放送が開始されました。この10年で、VOVはラジオ放送に加え、活字新聞、電子新聞、テレビ放送を営んで、大手マルチメディアへと成長しました。

1999年2月3日から、各放送番組はvov.vnというアドレスのホームページ、その後、vov1.vnやvov2.vn、VOVワールドなど、それぞれの放送チャンネルのホームページに流されています。また、各放送チャンネルは配信者と視聴者とのインタラクティブ性の向上を目指し、フェイスブックページを開設しました。

VOVは1998年から海外支局を設立しています。これまで、タイ、ラオス、カンボジア、中国、日本、フランス、ロシア、チェコ、エジプト、アメリカの10カ国で支局が設立されました。これらの支局は国内のリスナーに向け国際情報を提供する一方、ベトナムの国土、人々を各国にピーアールする重要な手段となっています。今後、オーストラリア、インドネシア、キューバ、インドに支局を設置する計画があります。

VOVは報道のやり方や宣伝の内容を刷新するとともに、現代的な放送技術の導入、受信可能な地域の拡大、電波の質的向上、送信方法の多様化に力を入れています。さらに、放送番組の制作へのデジタル技術の応用は生放送の実施に便宜を図ってきたとみられます。VOVの発信所は50ヵ所を超え、一日の放送時間は300時間以上にのぼっています。放送番組のデジタル化は視聴者に質の高い報道作品を提供し、現代生活の要求に応えられるようになりました。

マルチメディアの発展は世界各国の報道機関の当たり前の動きとなり、様々な報道の総合的な力を発揮することが狙いです。こうした事情の中で、VOVはこれからも着実な発展をとげ、ベトナムの現代的なマルチメディアとなるでしょう。