ベトナムの春、夏、秋、冬の風景を描いた歌




 リクエスト音楽、リクエスト音楽の時間がやって参りました。

お元気ですか、皆さん、トゥハーです。

この間、リスナーの皆さんからいろいろなお手紙をいただきました。その中で、福島県郡山市の高橋 豊さんからは「リクエスト音楽 楽しく拝聴しました。やはりベトナムには軽快な感じの夏の歌が似合いますね。ベトナムには冬はないと思いますがベトナムでも季節によって歌のイメージが異なるものなのでしょうか。季節ごとのベトナムの歌などお聞かせいただければ幸いです」とのお便りがありました。

リスナーの皆さん、お便り、どうもありがとうございました。

ベトナムはS字型の国で、日本と同じように長い国土を持っています。北部には四季がありますが南部には冬がありません。日本と比べると、ベトナムの北部の四季はあいまいですが、季節を通じてそれぞれの美しい風景があります。今日のこの時間はそんなベトナムの春、夏、秋、冬の風景を描いた歌をお届けします。

はじめに「初めての春」(Mua xuan dau tien)をどうぞ

ツバメと共に春がやってきた

その日はいつもと同じようにやってきた

鳥のさえずりが聞こえる

家々から煙が立ちのぼる

しかし、この春は国が統一されて初めての春だ

母は戦場から帰ってくる息子に会える

夢に見た春がやってきた」

 

次に「夏になった」(Vao ha)をどうぞ

「空が高くなる

川がゆっくり流れている

雲が友を探しに行くため、空を飛んでいる

私は一人でのんびり暮らしている

楽しい夏がやってくるから、幾多の苦しさに遭っても笑っている」

 

次に「ハノイの秋を思う」(Nho mua thu Ha Noi)をどうぞお聞きください

 ハノイの秋はスアという白い花の季節

ハノイの湖は霧に包まれ

誰かを懐かしんでいることが感じられる

ある日、ハノイの秋はその問いに答えくれるだろう」

そして、おしまいは「冬への思い」(Noi nho mua dong)をどうぞ

「誰かが窓の外を通り過ぎて行く

冷たい風が吹いてくる

枯れ葉が通りで待っている

冬が静かに私を包む」

 

いかがでしたか、皆さん、今日はベトナムの四季の風景を描いた歌をお届けしました。それでは今日のリクエスト音楽はこれで終わります。来週のこの時間をお楽しみに。ごきげんよう。

 

 

 

 

 

 

ご感想

他の情報