一弦琴ダンンバウの音色


 皆さん、お元気ですか。

いよいよ9月に入り、ベトナム全国の学生、生徒は新学年度を迎えています。皆さんのお住まいの町はいかがですか?

先日、兵庫県加古郡の古家 徹さんからお便りを頂きました。「今日の放送で紹介されていました弦楽器の「チャピ」ですが良い音色ですね。今までも流しておられるとは思いますが、せっかく「チャピ」の紹介があったので、チャピを使った演奏曲などを「リクエスト音楽」か、「音楽の散歩道」のコーナーでたっぷりとベトナムの民族音楽を流してください。」との内容でした。

古家さん、リクエストどうもありがとうございます。先ごろ、「ベトナム54民族の色彩」というコーナーで紹介された「チャピ」という弦楽器はベトナム中南部に住む少数民族ラグライ族の最も代表的な楽器ですが、私たちにはこれまで、「チャピ」という弦楽器の演奏版を持っていません。その代わりに、今日のこの時間はベトナムの有名な民族楽器である一弦琴ダンンバウの音色をお届けします。

一弦琴ダンンバウの音色 - ảnh 1

ダンバウという一弦楽器の本体は、縦横十数センチ、長さ約80センチほどの細長い木製の箱です。その箱の上に、ちょっと高めのブリッジを介してスティール弦が一本張られています。箱の左端には20~30センチほどの、外側にすこし湾曲した細い棒が突き出ています。演奏者は、耳かきのような小さな竹のピックで弦を弾きます。音質は、ハワイアンギターを思わせます。このダンバウの独特な点は、弦を弾く同じ右手の小指の側面で軽く弦にさわって倍音を出し、左手のアームを微妙に調整してメロディーを演奏することです。

そんなダンバウの音色で、「平和の鳥の翼」( Canh chim hoa binh) をどうぞ。

次に、「故郷の月」( Trang que huong) をお届けします。

次に、「国のメロディー」( Cung dan dat nuoc) をどうぞ。

いかがでしたか、みなさん。今回は、一弦琴ダンンバウの音色をお届けしました。それでは、今日のリクエスト音楽はこれで終わりです。来週のこの時間を又お楽しみに。ごきげんよう。


ご感想

テラキシュウイチ

かって小学校の教員をしていたとき、遙か30年以上まdすが

音楽の専科(音楽の先生)、が自由ベトナム行進曲 という曲を子供たちにうたわせていました。

かすかにしか覚えていませんが、明るく元気になる曲であったをと記憶しています。リクエストします。

そのころ私はベトナム民族歌舞団の日本での公演の宣伝オルグをしていたこともおもいだしました

他の情報