ベトナムの行政改革

この数年、ベトナム政府は、行政改革に力を入れており、複数の前向きな成果を収めてきました。

ベトナムの行政改革 - ảnh 1
ビン内務大臣


グェン・タイ・ビン内務大臣によりますと、同省は政府の指導を受けて、各省庁、各地方の2012年の行政改革指数を確定しています。これは、ベトナムにおける行政改革作業の重要な活動となっています。ビン内務大臣は次のように語っています。

(テープ)

「2012年の行政改革指数の確定は2011年~2020年期の行政改革プログラムの効果と質的向上を確保するため政府の決意を示すことです。実際、行政改革指数は重要な意義を持つ管理措置です。というのはこの指数は各省庁や各省、市などの行政改革の結果を全面的かつ実質的・かつ客観的に評価するということです。」

このように語ったビン内務大臣は「2012年の行政改革指数を通して、行政改革を実現する際に弱点と利点を正しく評価することができる。その上で、各省庁、各省、市などは年次行政改革の目標、内容を調整すると同時に行政改革の効果向上に繫がる方策を提出する。」と明らかにしました。

また、ビン内務大臣は「行政改革の評価は各行政機関の自己評価結果と人民や企業に対する社会調査結果に従って行なわれる。」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「行政改革指数の目標を実現するために、関連各機関は自らの機関の行政改革の結果の評価を厳粛に見極めなければなりません。一方、人民と全社会の需給に十分に応え、民主的な行政にするために、今回の社会調査では、各省庁、省、中央直轄都市の行政改革の評価への各機関、組織の積極的な参加が必要とされています。」

このように語ったビン内務大臣は「行政機関は自己責任を実質的客観的に評価するならば、2012年の行政改革指数の適用は人民多数のコンセンサスを受け、ベトナムにおける行政改革事業は良好な成果を収めるだろう。」と強調しました。

ご感想

他の情報