国会活動の刷新

ハノイで開催中の第13期ベトナム国会会議で提出される最も重要な内容は国会活動の効果向上の刷新草案です。この草案の目的は、「人民の、人民による、人民のため」という社会主義的法治国家、すなわち、国家権力の強化の要求に応えることです。この草案は複数の国会議員の関心事であり、同草案内容に賛成しています。多くの議員らは国会活動の刷新が有権者との会合のあり方の刷新から始める必要があると述べました。イエンバイ(YenBai)省選出フン・コック・ヒエン議員は次のように語っています。(テープ)

「具体的な人と接触しないと、情報を十分に把握できません。国会議員との会合で、有権者は数多くの提出を出しましたが、国会議員にはその全ての提出を解決する権限がないのです。これは、有権者の国会議員への威信を低下させる問題です。」

ヒエン議員はこのように語りました。

一方、監視活動、その中でも、国会が毎年任命し、または批准した幾つかの職務の資格に対する信任投票の刷新について、多くの国会議員は、信任投票の結果が公開されなければならないと述べました。タンホア省選出のレ・ティ・ガ国会議員は次のように語っています。

(テープ)

「投票前に、その議員に対し具体的な行動計画を求める必要があります。この行動計画の実施から1・2年後に、その実施結果に基づいてその議員の投票を行ないます。私の考えでは、大臣に相当する資格に信任投票を行なう方がいいと思います」

ガ議員はこのように語りました。

他方、ドンナイ省選出のチョン・バン・ボ国会議員は「陳情、告訴を適宜に解決するため、監視活動をさらに強化する必要がある」と述べ、次のように語っています。(テープ)

「司法機関の活動と国民の陳情、告訴の処理作業への監視活動を強化するよう提案します。監視作業に従事する機関、団体、個人に対する責任を明確にする必要があります。」

また、多くの国会議員は質疑応答の刷新を継続する必要があると提出しました。カマウウ(CaMau)省選出のチュオン・ミン・ホアン国会議員は「国会議員の参加によるオンライン会議などを強化し、国会の活動に関するラジオ・テレビ番組の放送時間を伸ばす必要もある」と述べました。

一方、タイグェン省選出のド・マイン・フン国会議員は「国会活動の刷新は、国会議員の活動、国会直轄機関を先にし、その中でも、国会常務委員会などの会合を刷新する必要がある」と述べ、次のように語っています。

(テープ)

「国会の民族評議会、各委員会は有権者の関心事や差し迫った問題を発見したら、それらの問題を解釈する会合を開く必要があります。これらの会合で、国会議員が有権者の関心事を深く理解することができるし、関連各省庁がそれらの差し迫った問題や有権者の関心事を明確に解釈することができます。」

フン議員はこのように語りました。

国会活動の効果向上は強固な国会作りに寄与するだけでなく、国会議員が有権者との誓約を良好に実現することにつながってゆくことでしょう。

ご感想

他の情報