安定的かつ持続的発展を目指す決意

すでにお伝えしましたように、21日午前、ハノイで、第13期ベトナム国会第3回会議が始まりました。開幕にあたり、グェン・スアン・フク副首相は2011年の経済社会発展状況に関する追加報告、2012年始めからの4ヶ月の経済社会発展計画、2011年の国家予算の実施状況、および、2012年の国家予算の実施状況に関する報告を読み上げました。

安定的かつ持続的発展を目指す決意 - ảnh 1

 

フク副首相は「2012年に入り、世界経済が複雑に推移し、国内経済は多くの困難に直面した。そうした背景の中で、政府は経済社会発展計画を実現するための対策を出した。その対策の主な目標はインフレの抑制、マクロ経済の安定化、社会福祉の確保ということであると述べ、次のように語りました。

(テープ)

「2012年始めからの4ヶ月、ベトナム経済は前向きな成果を収めました。インフレ率が抑制され、消費者物価指数が減ってきました。銀行金利が段階的に引き下げられ、輸出は増加したものの輸入超過は急減しました。工業生産は増加しつつあり、農業生産が安定的に発展してきました。革命功労者などに対する優遇政策を始め、社会福祉が実施されています。」

このように語ったフク副首相はベトナム経済の問題点を指摘しました。経済成長率が減少する兆候が出てきました。その他、緊縮財政策の実施により、多くの企業は困難に直面しています。多くの地方で、住民の生活は困難に直面しています。汚職、浪費状況は徹底的な解決が見られず、土地に関連する陳情が相次ぎました。今後の主な任務について、フク副首相は次のように語りました。

(テープ)

「2012年のインフレ率を8~9%までに維持するため、インフレ抑制を継続するとともに、通貨政策を慎重に実施します。マクロ経済の安定化のため、国家金融の健全化、海外債務と政府債務をきちんと管理します。」

このように語ったフク副首相は社会福祉と環境保護を強化するため、政府は「2012年から2020年までの社会政策におけるいくつかの問題」に関する第11期ベトナム共産党中央委員会第5回総会の決議を効果的に実施するための行動計画を作成していると明らかにしました。フク副首相は次のように語りました。

(テープ)

「国防、安全保障に関する能力を強化するとともに、海域と離島を始め、国の独立と領土保全を確保します。海上における対立と紛争を国際法に従って、平和的に解決します。近隣諸国との友好かつ平和的国境線作りのため、協力するとともに、国境標識の設置を継続します。社会の治安秩序と政治、安全保障を確保するとともに、麻薬防止、子供と女性の人身売買防止対策を効果的に実施します。」

フク副首相はこのように語りました。

フク副首相が読み上げられた報告は2012年の経済社会発展計画の実施に対する共産党と企業、国民全体の決意を強調しました。


ご感想

他の情報