新たなチャンスを迎えたベトナム

2017年1月9日 - 15:42:14


新たなチャンスを迎えたヘトナム hinh 0
チョン書記長

2017年の新年を迎えるに当たり、ベトナム共産党のグェン・フ・チョン書記長はベトナム通信社の取材に対し、昨年にベトナムが収めた成果を取り上げました。

チョン書記長によりますと、昨年、国内と世界の情勢は順調に進んでいる一方、様々な困難と試練に直面しました。しかし、このような背景の中でも、全党、全国民、全軍の団結と決意により、ベトナムは国の長期的な発展にとって重要な意義を持つ複数の重要な催しを成功させてきました。

2016年の成果、国の新たな発展段階に有利な条件を作り出す

チョン書記長によりますと、2016年に際立った政治的出来事は、第12回ベトナム共産党大会、及び第14期国会議員選挙と2016~2021年期の各レベル人民評議会の選挙でした。第12回党大会で、ベトナム共産党は、ドイモイ事業を全面的かつ足並みを揃えて推進し、ベトナムを早期に近代的な工業国にするために取り組み、祖国を断固として防衛し、国際社会に主体的かつ積極的に参入するという決意を強調しました。党大会の直後に、第14期国会議員選挙と2016~2021年期の各レベル人民評議会の選挙は法律に従って、公開的かつ民主的で開催されました。99%の有権者が投票したことは、国の将来と運命に対する自らの意志、願望、責任を示しています。

選挙後、ベトナムは、国家機関の組織、人事を早急に健全化させ、目標や任務の遂行を加速させたことです。その結果、2016年のGDP=国内総生産高は6.21%というかなり高い基準に達し、マクロ経済が引き続き安定し、インフレが抑制されるようになった他、外貨準備高は過去最高になっています。

一方、対外活動と国際社会への参入は引き続き全面的に推進されたことにより、地域と世界におけるベトナムの役割と地位は向上されるようになりました。

迅速かつ持続可能な開発の為、成長モデルを刷新する

チョン書記長はベトナム通信社の取材に対し、第12回党大会の結果について強調しました。これに基づき、大会で、ベトナム共産党は、任期中の重要な6つの任務の一つは 成長の質、労働生産性、および経済の競争力を向上させる方策の実現に集中すること。3つの戦略的突破口を引き続き効果的に実現し、成長モデルの刷新と結びつけながら経済を全体的かつ一体的に再構造することです。

チョン書記長によりますと、成長モデルの刷新の目標は、成長の質的向上、経済の面でも、社会の面でも、環境の面でも全面的かつ持続的に発展させることを目指すものです。経済成長を推進すると共に、国民の生活改善に配慮し、社会の進歩とバランスを確保し、全ての国民が成長による恩恵を受けるように確保するとしています。

チョン書記長は「経済成長モデルの刷新と経済再構築を結びつけることは、それぞれの地方の潜在力とメリットに従って行われるべきだ。あらゆる物心両面の力をどのように効果的に活用するか。それぞれの地方は、投資経営環境の改善を続行し、企業のスタートアップと発展に有利な条件を作り出すと同時に、不要な投資の継続を避け、必要なプロジェクトに効果的な投資を集中する必要がある。その一方で、それぞれの地方の潜在力と強みを活用しながら、投資の効果向上、経済成長の推進に寄与する為、各地方との連携を強化する必要もある」と語りました。

党建設は、経済発展と同時に実現されるべき

チョン書記長は「党建設、綱紀粛正は主要で長期的な任務である」と強調しました。第12期党中央委員会第4回総会の決議は、政治的思想、道徳、ライフスタイルの衰退、党内の幹部、党員の腐敗を明確に示しました。チョン書記長によりますと、党建設、綱紀粛正は複雑で難しい任務ですが、実現できないわけがないのです。重要なのは、党組織と国家機関をどのように清廉で強靭にし、経済の発展、社会の安定化を実現しながら、国を絶え間なく発展させるかということです。そこで、主要な任務である党建設は中心的な任務である経済発展と同時に実現されるべきです。党建設に関する第12期党中央委員会第4回総会の決議は、党中央委員会、国会、政府の決議と同時に実現されなければなりません。

チョン書記長は「チャンスをつかみ、試練を乗り越える為に、全党、全国民、全軍は、心を一つにして、団結し合い、第12回党大会の決議の遂行に努力し、清廉で強靭な党建設を断固として実現し、国の発展、国民の円満な生活作りに寄与してゆく」と強調しました。