汚職防止対策の成果、党に対する国民の信頼を高める

(VOVWORLD) -チョン書記長は「今後も、汚職防止対策は、各地方や村、居住地においても更なる断固として展開される。これを実現すれば、汚職防止対策を良好に進める一方、幹部、党員を教育することができる。」と強調しました。
汚職防止対策の成果、党に対する国民の信頼を高める  - ảnh 1     チョン書記長=VN economy

グェン・フー・チョン党書記長は、汚職防止対策中央指導委員会の会議や、有権者との会合などで、常に汚職防止対策事業に対するベトナム共産党の決意を強調しました。世論は、党の汚職防止対策事業の成果を高く評価しています。

全党、全国民の願望、意志を結集

先ごろ、第14期国会第5回会議を前に行われたチョン書記長とハノイ市の有権者との会合で、有権者らは、汚職・浪費防止対策事業におけるベトナム共産党の努力を高く評価しました。有権者の一人は次のような意見を述べています。

(テープ)  

 「チョン書記長と中央検査委員会は、汚職防止対策や党と制度の保護事業に対する全党、全国民の思考、願望、意志を集結させました。有権者は、このことを高く評価すると共に、不祥事・汚職防止対策事業がさらに断固として継続され、また、全ての汚職事件が適宜かつ厳格に処理されるよう期待しています。」

一方、チョン書記長は「この間、汚職防止対策は、一定の成果を収め、国民の期待に応えた。それらの結果は、国民からの奨励と支持を受けている。」と明らかにしました。

汚職防止対策への政治体制全体の役割を活用

チョン書記長によりますと、ベトナムの汚職防止対策事業は多くの困難に直面し、複雑に推移しているということです。チョン書記長は次のように語っています。

(テープ)

 「我々は、汚職防止対策を進めてゆきますが、長期的な措置として、教育を強化しなければなりません。汚職を防ぐことは重要でかつ差し迫ったことであるから、断固として行わなければなりません。厳格な処置はいい方法ではありませんが、汚職行為に違反した者が自らの誤りや欠点を認めることは重要です。これは、最も良好な方法です。特に、不正に取得した資産を回収しなければなりません。資産の不正流用を発生させないことで国民の信頼を得ることは重要です。」

このように語ったチョン書記長はさらに「今後の汚職防止対策に政治体制全体の力を活用するために、末端レベルの監視の役割を高める必要がある。汚職防止対策を効果的に行うためには、足並みを揃えた複数の措置を断固としてとらなければならない。」と訴え、次のように語っています。

(テープ)

 「汚職防止対策を実現する傍ら、機関の再編、または、賃金・社会保険制度改革に関する共産党中央委員会の決議を履行しなければなりません。これまでの結果を活かすと同時に、汚職防止対策をさらに断固として効果的に継続し、社会全体の力を活用ならば、この戦いは成功するでしょう。」

全体的に見れば、これまでに摘発された汚職事件の処理は前向きな結果を収めたことが分かりました。しかし、小規模な汚職事件は未だ存在していると指摘されています。そこで、各レベルの党組織は、常に責任を高め、小規模な汚職を無視してはいけません。

ご感想

他の情報