パリで続いていたデモを巡る不安な情勢

(VOVWORLD) -この間、フランスで続いている燃料税引き上げなどに抗議するデモが、国内各地で行われ、パリでは凱旋門周辺にデモのシンボルの「黄色いベスト」を着た数千人が集結しました。

G20サミット、衝突を解決する機会

(VOVWORLD) - 先週、アルゼンチンで開幕されたG20=主要20カ国・地域首脳会議は、深刻化している衝突を解決するための貴重な機会であると評されています。

世界経済を脅かす貿易摩擦

(VOVWORLD) -先週、パプアニューギニアで開かれていたAPEC=アジア太平洋経済協力の首脳会議は、史上初めて首脳宣言を採択せずに閉幕しました。

CPTPP、まもなく発効

(VOVWORLD) - 「CPTPP=包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定」は加盟11カ国のうち6カ国が批准してから、60日後の12月30日に発効するということは焦点となっています。

アラビアと西側諸国の関係悪化

(VOVWORLD) - 先週、サウジアラビア政府の批判を続けていたジャーナリストがトルコにあるサウジアラビア総領事館で死亡した事件は、サウジアラビアとトルコとはもちろん、西側諸国との関係の緊張を招いています。

米中貿易摩擦 世界経済の停滞へ

(VOVWORLD) - 先週、インドネシアで開かれたIMF=国際通貨基金は、米中貿易摩擦が、世界経済の成長を停滞させるリスクになっているとし、リスクを軽減するための行動を取るべきだとする声明を発表しました。

ロシア・インドの関係における新たな進展

(VOVWORLD) - 5日、インドの首都ニューデリーで行われたロシア・インドの首脳会議後、双方は、国防や原子エネルギー、投資・貿易をはじめ、多くの分野で複数の重要な協力文書を締結しました。

インドネシアでの地震と津波

(VOVWORLD) - 既にお伝えしましたように、9月28日、インドネシア中部のスラウェシ島中部でマグニチュード(M)7.5の大きな地震が発生しました。数百件の家屋が倒壊したほか、10月1日午前9時までの統計によりますと、死傷者数は1300人を越えているしています。

シリア緊張高まる

(VOVWORLD) - 先週、ロシア軍による空爆が再開された後、シリア内戦の緊張が一段と高まっています。こうした情勢の中で、幾つかの関係国は異なる反応をとりましたが、いずれも懸念を表明しました。

米とEU間の緊張の深刻化

(VOVWORLD) -EUの動きに対し、アメリカ側は「誤った時期の誤ったメッセージだ」と批判しました。

米国、イラン・トルコに制裁を強化

(VOVWORLD) - 先週、南北朝鮮関係で積極的な兆しが見られたほか、イギリスのEU離脱に関する交渉の内容80%で合意が達成される一方、アメリカの貿易政策に関して、同国とイラン・トルコの矛盾がエスカレートしています。

人類史的な使命である太陽に最接近

(VOVWORLD) -先週、国際的に注目されたニュースの一つは、NASA=アメリカ航空宇宙局が史上最も太陽に接近して観測に当たる無人探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」の打ち上げに成功したことです。

米欧の貿易問題

(VOVWORLD) - 先週、アメリカのトランプ大統領とEU=欧州連合のユンケル欧州委員長は関税など貿易障壁の撤廃を目指す通商交渉を開始し、アメリカが検討中の自動車とその部品の輸入制限の発動を控えることで合意しました。双方間の貿易関係の緊張が続いている中、これは望ましい兆しと見られています。

中東での矛盾が深化 「ユダヤ人の国家」法案

(VOVWORLD) -先週、イスラエル議会は、イスラエルを「ユダヤ人の国家」と定義する法案の採決を行い、これを採択しました。同法案をめぐっては、アラブ系住民に対するあからさまな差別につながるとして物議を醸していました。