ベトナムでテトを過ごす外国人

ベトナムでテトを過ごす外国人

ベトナム人にとって、旧正月テトは一家団欒で、ご馳走を食べる一年の最も大切な行事です。近年、テトはベトナム人だけでなく、ベトナムに滞在している外国人も待ち望んでいる行事となってきました。
国内各地に春がやってくる

国内各地に春がやってくる

春が国内各地にやってきました。春の到来につれ、ベトナムの伝統的お正月テトが近づいています。テトを迎えるにあたり、各地の住民たちは家族の豊富、幸福と国の発展への渇望が湧いてきています。
ベトナム 新しいチャンスを

ベトナム 新しいチャンスを

いよいよ新年になりました。新年を楽しむ雰囲気の中で、ベトナムの人々は、昨年国が大きな成果を収めたことを喜んでいますが、今年のへ大きな希望を持っています。
国家主席の新年挨拶

国家主席の新年挨拶

毎年大晦日の恒例になっているベトナム国家主席から全国民と、軍隊、国外在留ベトナム人に向けて新年を祝うメッセージをお届します。
70年前の旧正月テトを思い出す

70年前の旧正月テトを思い出す

もう70年もの前のことです。1946年の年末から1947年の年始にかけて、フランス軍の侵攻を前に、ホーチミン主席は、全国民に向けて全国抗戦を呼びかけました。
ベトナム人の大晦日の過ごし方

ベトナム人の大晦日の過ごし方

ずっと昔から、ベトナム人一人一人に対する大晦日の夕方は神聖な意義を持っています。テト前の一週間のうちに、殆どの家族は大掃除をしたり、家の飾り付けをしたり、料理の準備と買い物をしたりする習慣があります。
ASEAN経済共同体の発展のための協力強化

ASEAN経済共同体の発展のための協力強化

1年前に設立されたAEC=ASEAN経済共同体はベトナムに多くのメリットをもたらしています。これにより、平和・安定の環境が維持され、共通の経済圏 が作り出されました。この1年間、AECは多く成果を収めましたが、今後も、ベトナムの国際社会への参入事業の原動力であり続けるとされています。
金柑の砂糖まぶし

金柑の砂糖まぶし

ベトナムの伝統的お正月テトのお菓子の中には、金柑の砂糖まぶしは人気があります。その材料は、金柑と砂糖はもちろん、生姜などです。
貧困者がテトを迎えるため支援活動

貧困者がテトを迎えるため支援活動

旧正月テトを前に、全ての人々がテトを十分に楽しめるように、1ヶ月前から、全国各地では、恵まれない人々への支援活動が行われてきました。
リグDK1-10でのテト

リグDK1-10でのテト

ベトナムの伝統的お正月テトを迎えるにあたり、先ごろ、ベトナム海軍の第2軍管区の幹部や、国内の報道機関のジャーナリストからなる代表団は最南端のカーマウ省の沖合いにあるリグDK1-10を訪れ、底に駐屯している兵士にテトのお祝いの言葉を述べました。

バインチュンの作り方

バィンチュンはベトナムの伝統的な旧正月テト料理です。バィンチュンはもち米や青豆、豚肉を「ゾン」という葉に包み、8時間ぐらい蒸かしてからできるものです。バィンチュンの大きさは約20センチほどの正方形ですが、日本のチマキの味に似ています。
地域で異なるテトを楽しむ習慣

地域で異なるテトを楽しむ習慣

旧正月テトはベトナムで最も大きくて重要な行事の一つです。一年は二十四節季の始めの節、つまりベトナム語にするとテトです。ベトナム人にとって年齢や住居を問わず、テトは家族の団欒のチャンスであり、ご先祖を思い起こし、先祖の恩に報いる機会でもあります。しかし、テトを楽しむ習慣はそれぞれで、似ているところもあれば、地方によって異なるところもあります。
先祖を思い出すベトナム南部のテト

先祖を思い出すベトナム南部のテト

ベトナム南部各地に住む人々にとって、旧正月テトはまず、先祖と亡くなった人の為のものです。そのため、テトが来る前に、お墓参りをして先祖のお墓を手入れし、ご先祖をテトに招待する習慣があります。また、先祖が家族と一緒にテトを楽しむために、大晦日に先祖を出迎える儀式も大切にされています。この習慣は南部の人々の精神生活面で重要な意味があり、過去と現在とのつながりです。
国際社会への参入に向けてのベトナム企業の課題

国際社会への参入に向けてのベトナム企業の課題

ベトナムは世界経済への参入を進めており、市場開放に関する一連の公約実施に取り組んでいます。こうした背景の中で、参入により得られるチャンスを活用するためにはベトナム経済、中でも企業の競争力の向上は必至の課題となっています。

ベトナムの遺産を3Dデジタル化したグェン・チー・クアンさん

ベトナムの古物研究者はVr3d.vn(バーチャル リアリティの略)というウエブサイトをたちあげ、ベトナムの唯一のオンライン博物館とされています。このウエブサイトにはベトナムの古物が100点3Dデジタル化されました。このウエブサイトを作成したのは20歳のグェン・チー・クアンさんです。
チュォンサ群島における旧正月テト

チュォンサ群島における旧正月テト

チュォンサ群島はベトナム中部カインホア省にあります。今、島では新春の雰囲気に包まれています。牛肉、米、漬物、食品、野菜などの多くのテト用品が陸から群島に相次いで運ばれて行きます。海軍兵士らは離島で陸での故郷の味に溢れるテトを迎えるための準備を急いでいます。