きょう北方領土の日 「交渉を着実に前進させる」安倍首相

(VOVWORLD) -「北方領土の日」の7日、安倍総理大臣は、東京都内で開かれた返還を求める全国大会に出席し、ロシアとの間で、双方が受け入れ可能な解決策を見いだす作業を精力的に進め、交渉を前進させたいという考えを強調しました。

「北方領土の日」は、1855年2月7日に北方四島を日本の領土とする条約が、ロシアとの間に結ばれたことにちなんで定められ、毎年、元島民らも参加して、返還を求める全国大会が開かれています。

大会で、安倍総理大臣は「平和条約を締結したあと歯舞群島と色丹島を引き渡す」とした、1956年の日ソ共同宣言を基礎に、ロシアとの交渉を進めていると説明しました。

そのうえで「双方が受け入れられる解決策を見つけるための共同作業を精力的に進め、交渉を一歩一歩、着実に前進させる考えだ」と強調しました。

また、元島民の航空機による墓参の継続や、北方四島での共同経済活動の事業化に取り組む考えを示し、「交渉を進展させるためには、国民一人ひとりが関心と理解を深め、政府と国民が一丸となって取り組むことが重要だ」と呼びかけました。

一方、過去の大会のあいさつで使っていた「北方四島の帰属の問題を解決して、平和条約を締結する」という表現は、去年の大会に続いて、ことしも使わず、ロシアとの交渉進展に向けた環境整備を図るねらいもあったとみられます。

ご感想

他の情報