アフガン和平進展を協議 ポンペオ米長官、タリバンと会談

(VOVWORLD) - タリバンによりますと、双方はアフガン政府とタリバンによる直接交渉について、「開始には捕虜の釈放を完了することが不可欠」との認識で一致しました。

アメリカのポンペオ国務長官は3日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンの和平交渉代表者とビデオ回線を通じて会談し、アフガン和平交渉の進展について協議しました。タリバンのスポークスマンがツイッターで発表しました。

タリバンによりますと、双方はアフガン政府とタリバンによる直接交渉について、「開始には(アフガン政府とタリバンがそれぞれ)捕虜の釈放を完了することが不可欠」との認識で一致しました。(時事通信)

ご感想

他の情報