アメリカ大統領選まで半年 新型コロナが大きな影響

(VOVWORLD) -アメリカのトランプ大統領の審判の場となる大統領選挙まで半年となります。

政権奪還を目指す野党 民主党はバイデン前副大統領が指名獲得を確実にし、両者の対決の構図が固まりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大は選挙の行方にも大きな影響を与えそうです。アメリカ大統領選挙はことし11月3日に投票日を迎え、与党 共和党では再選を狙うトランプ大統領が、民主党ではバイデン前副大統領が指名獲得を確実にしています。

政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」による先月末時点での各種世論調査の平均値は「トランプ氏を支持する」が42%、「バイデン氏を支持する」が48.2%となっています。
大統領選挙は新型コロナウイルスの感染拡大で様相が一変し、トランプ大統領は最大の実績と強調してきた好調な経済の落ち込みを受けて、「戦時の大統領」として危機に立ち向かう姿をアピールする戦略に転換しています。
トランプ大統領は連日、テレビカメラの前に出てみずからの指導力を印象づけるとともに、支持層も意識した経済対策を打ちだし、現職の強みを生かした活動を展開しています。
これに対し民主党は、バイデン氏のもと、党内の中道派と左派の対立を乗り越える挙党態勢の構築に取り組んでいて、オバマ前大統領をはじめ党の有力者が相次いで結束を呼びかけています。

ご感想

他の情報