イラン外務省、拘束したロシア人女性ジャーナリストの釈放を約束

(VOVWORLD) - イラン外務省のアッバス・ムサウィ報道官は、イランで拘束されたロシア人ジャーナリストのユリヤ・ユジクさんについて、間もなく釈放されることを明らかにしました。

報道官は通信社スプートニクにユジクさんについて「彼女は一連の説明のために拘束されたが、間もなく釈放される」と伝えました。

先にイランの大使がロシア外務省に呼び出され、ユジクさんの件について説明を求められまました。

ロシア外交官らの情報によりますと、ユジクさんは9月29日に個人招待でテヘランに到着しました。入国時に何らかの理由により空港で国境警備隊がユジクさんのパスポートを没収しました。10月2日、ユジクさんはホテルで逮捕されました。

ユジクさんの拘束は、同氏の娘によって確認されました。ユジクさんの娘はフェイスブックに母親のアカウントから投稿し、ユジクさんが自身の母親に電話をかけ、その後、祖母であるユジクさんの母親から連絡があったことを明らかにしました。ユジクさんの娘は母親について「彼女はそのような状況が起こりうることを知っていましたが、(イランに)行った」と指摘しました。 (Sputnik)

ご感想

他の情報