イラン、核研究開発の制限撤廃をEUに通告 核合意履行停止第3弾

(VOVWORLD) -イランは6日、2015年核合意で定められた義務の履行を停止する「第3弾」の措置として研究開発の制限を撤廃したことを明らかにしました。ISNA=イラン学生通信が伝えました。

ISNAによりますと、イラン外務省のムサビ報道官は「ザリフ外相はEU=欧州連合の(モゲリーニ)外交安全保障上級代表への書簡で、イランが研究開発活動の制限を全面的に解除したと通告した」と述べました。

核合意では濃縮ウランの貯蔵量が制限されており、ウラン濃縮活動に使う遠心分離機などの研究開発も制約を受けていました。

ご感想

他の情報