イラン、EU・米との会合不参加と表明 「適切な時でない」

(VOVWORLD) - イラン外務省報道官は2月28日、アメリカおよびイラン核合意に参加している主要国との非公式の会合に参加しない考えを示しました。

イランのメディアによりますと、報道官は「最近のアメリカや欧州3カ国(英仏独)の行動を踏まえると、EUが提案した非公式会合を開く適切な時ではないと考える」と述べました。

アメリカ・ホワイトハウス報道官はイランの返答に失望しているとコメントしました。その上で、引き続き有効な外交手段を使い、状況を進展させるため主要国と協議するとの方針を示しました。

非公式会合は、EU=欧州連合がイランに参加を打診し、イラン側は検討する考えを示していました。アメリカ政権も核合意復帰に向けイランと対話する用意があると表明していました。

ただ、核合意の復帰を巡っては、アメリカとイランの意見の隔たりが大きいです。イランは、アメリカがまず制裁を解除すべきだと主張します。アメリカはイランが核合意を順守することが条件だとしており、双方の溝は埋まっていません。(ロイター)

ご感想

他の情報