イラン IAEAの抜き打ち査察受け入れ停止 米に制裁解除迫る

(VOVWORLD) -イラン政府は、アメリカが制裁の解除に応じていないとして、IAEA=国際原子力機関による抜き打ち査察などの受け入れを停止したと発表しました。3か月後には核開発の検証をさらに困難にする対応をとる構えを示していて、アメリカに早期の制裁解除を迫っています。
イラン IAEAの抜き打ち査察受け入れ停止 米に制裁解除迫る - ảnh 1(写真:AFP/TTXVN)

イランのザリーフ外相は23日、制裁の解除に応じないアメリカへの対抗措置として、IAEAによる抜き打ち査察などを認める「追加議定書」の履行を停止したと発表しました。


今回の措置により、イランの核開発の現状把握が困難になることが懸念されています。

イラン政府は、今後3か月以内に制裁が解除されなければ、核関連施設で記録された監視カメラの映像データをIAEAに提供しないまま消去するなどとしていて、アメリカに早期の制裁解除を迫っています。

また、最高指導者ハメネイ師は22日「ウラン濃縮度は今後20%にとどまらない。必要に応じて60%に高めることさえ可能だ」と述べ、濃縮活動の強化を示唆しました。

バイデン政権はイランとの協議に前向きな姿勢を示しつつも、イランに対し強硬な措置を撤回し核合意を順守するよう求めています。

アメリカとイランの双方が、相手側が先に行動すべきだと主張する状態が続いていて、今後3か月以内に歩み寄りがみられるのかは不透明です。(NHK)

ご感想

他の情報