インドが145億ドル相当の武器をロシアに発注

(VOVWORLD) -インドは145億ドル相当の武器と軍事装備の供給についてロシアと契約を交わしました。ロシア連邦軍事技術協力局のドミートリー・シュガエフ局長が明らかにしました。

現在、供給と9K338 イグラ-Sのライセンス生産に関する交渉が継続しています。そのほかにも両国はロシアの軍事設備と装備のスペア生産をインドで行うことで合意しました。

ウラジーミル・プーチン大統領は、東方経済フォーラムでインドのナレンドラ・モディ首相と会談した後、貿易投資および軍事技術分野、産業・教育・文化分野での両国文書の大規模なプログラムパッケージに合意したことを発表しました。

また、モディ首相とプーチン大統領は、国際テロリズムとの闘いや中東と北アフリカの情勢、アフガニスタンの状況、イランの核プログラム問題をめぐる状況について議論を交わしました。

4日に開幕した第5回「東方経済フォーラム」にスプートニクはジェネラル・インフォメーション・パートナーとして参加します。

今年のフォーラムは世界65か国からおよそ8200人の参加者を数えます。毎年、最大の代表団は日本、中国、韓国です。

ご感想

他の情報