インドネシア海軍潜水艦消息不明 24日未明に酸素尽きる可能性

(VOVWORLD) - 53人を乗せたインドネシア海軍の潜水艦が21日、消息を絶ち、捜索が続いています。海軍は記者会見で、艦内の酸素が24日未明には尽きる可能性があることを明らかにしました。
インドネシア海軍によりますと、21日、海軍所属の潜水艦「KRIナンガラ402」がバリ島の北およそ37キロの海域で消息を絶ちました。潜水艦には司令官と兵士合わせて53人が乗っていて、現場の海域でミサイルと魚雷の発射演習の準備をしていたということです。
22日午後、バリ島で記者会見をしたインドネシア海軍の幹部は、この潜水艦は潜水が許可されてからおよそ3時間後に連絡が途絶えたとしていて、現場の海域では潜水艦から流出したとみられる油が確認されているほか、水深50メートルから100メートルの地点で磁気が探知され、海軍が捜索を続けています。
また艦内の酸素はおよそ72時間分だとしていて、事故が起きていた場合は現地時間の24日未明には尽きる可能性があることを明らかにしました。
インドネシア政府は周辺国の海軍にも支援を要請していて、シンガポールやマレーシアの潜水艦が今週末から来週にかけて到着し、捜索に加わる予定です。(NHK)

ご感想

他の情報