インドネシア軍の潜水艦: 海外支援も加わり捜索続く

(VOVWORLD) -53人が乗ったインドネシア海軍の潜水艦が消息を絶ってから24日で3日がたちました。艦内の酸素は24日未明で尽きた可能性があり、海外からの支援も加わって捜索が続いています。

インドネシア海軍によりますと今月21日、司令官と兵士合わせて53人が乗った海軍所属の潜水艦「KRIナンガラ402」がバリ島の北およそ37キロの海域で消息を絶ちました。

海軍は事故が起きていた場合、艦内の酸素はおよそ72時間分だとしていて、現地時間の24日午前3時ごろ、日本時間の24日午前4時ごろには尽きる可能性があると指摘していました。軍は、潜水艦は水深500メートルから700メートルの所に位置しているとみていますが、特定できていません。

このためインドネシア政府は海外にも支援を要請し23日、水中音波探知機やヘリコプターを備えたオーストラリアのフリゲート艦が到着して捜索に加わりました。
またアメリカ海軍の哨戒機が24日未明、現場海域に到着したほか、シンガポールやマレーシアの救難艦なども向かっているということです。(NHK)

ご感想

他の情報