インドネシア鉄道高速化 日本と事業概要で合意 実現へ本格調査

(VOVWORLD) -インドネシアが日本に参画を要請している首都ジャカルタと第2の都市スラバヤを結ぶ鉄道の高速化計画について、日本とインドネシアの両政府は事業の概要について合意し、実現に向けた本格的な調査を行うことになりました。

インドネシア政府は、首都ジャカルタと第2の都市スラバヤを結ぶおよそ730キロの鉄道について、現在およそ9時間かかる所要時間を短縮する計画で、日本に参画を要請していました。

日本とインドネシアの両政府は24日、この計画の概要で合意し、計画の実現に向けた調査を実施することになり、ジャカルタで合意文書に署名しました。

それによりますと、今の在来線に沿って新しい線路を1本建設したうえで、列車の時速を最高時速を160キロにすることで、ジャカルタからスラバヤまでの所要時間を5時間30分に短縮するとしています。

実際の工事を着工する時期については、調査を通して両政府が議論するとしています。

日本は、2015年にインドネシアの別の区間の高速鉄道計画で、当初は受注を有力視されながら中国との競争に敗れました。

このため今回は、こうした調査を通して確実に事業を受注し、日本政府が掲げるインフラ輸出に弾みをつけたい考えです。


ご感想

他の情報