イーロン・マスク氏 “新会社開発のAI 「X」で使えるように”

(VOVWORLD) -アメリカの起業家、イーロン・マスク氏は、みずから設立した新会社が開発した生成AIを、旧ツイッターの「X」の有料サービスで使えるようにすると明らかにしました。
イーロン・マスク氏 “新会社開発のAI 「X」で使えるように” - ảnh 1(写真:AFP/TTXVN)

生成AI、ChatGPTの開発企業に対抗する狙いがあるとみられています。

これはマスク氏が4日、旧ツイッターの「X」への投稿で明らかにしたものです。

それによりますと、マスク氏はみずから設立した新会社の「xAI」が開発した生成AI「Grok」を、旧ツイッターの「X」の月額16ドルの有料サービスで使えるようにするということです。

生成AI、ChatGPTを開発したアメリカの企業、オープンAIに対抗する狙いがあるとみられています。

生成AIは、質問を入力するだけで自然な文章で回答を作成できるのが特徴ですがマスク氏は新たに開発した生成AIはユーモアをもって回答するように設計されているなどと説明しています。

マスク氏は1日からイギリスで開かれたAIの安全な活用についての初の国際会議、「AI安全サミット」に参加し、「人類が自分よりはるかに知的な存在を実際に制御できるか分からないが、有益な方向に導けるよう目指すことはできる」と発言していました。

生成AIをめぐっては、グーグルやアマゾン、旧フェイスブックのメタなども開発を強化していて、競争が激しくなっています。(NHK)

ご感想

他の情報