ウクライナ:政府軍、東部3都市を奪還

ウクライナ:政府軍、東部3都市を奪還 - ảnh 1

 親露派との戦闘継続に備えウクライナ最高会議は22日、予備役兵士や50歳 以下の男性の招集を求める大統領令を承認しました。今後の正式な動員規模や時期は未定となります。一方、ウクライナ政府は21日、自軍が東部ドネツク州ジェルジンスクなど3都市を奪還したと発表しました。17日のマレーシア航空機撃墜事件後、親露派が内部分裂しているとの情報もあり、政府軍による制圧作戦が一定の成果を上げ ています。

奪還した他の2都市はルガンスク州ルビジュネ、ドネツク州ソレダル。さらに、親露派の拠点の一つルガンスク州の州都ルガンスクに向かう町も制圧し、親露派への武器供給路を断つことにほぼ成功したということです。

しかし、ウクライナ国家安全保障・国防会議報道官によると、ロシア軍は新たに「約100台の武装車両」をウクライナ国境に集結させ始めており、東部国境の緊張はさらに続いてるようです。

ご感想

他の情報