エアアジア機、ボルネオ島沖合い海底に沈んでいる可能性

エアアジア機、ボルネオ島沖合い海底に沈んでいる可能性 - ảnh 1

インドネシア沖で先月28日に消息を絶ったエアアジア機QZ8501便(エアバスA320-200型機)の捜索が31日も続くなか、捜索救助当局は機体の残骸 や一部乗客の遺体が見つかった海域の海底で音波探知機が大きな物体を検知したことを明らかにしました。機体が海底に沈んでいる可能性が高いとしています。

捜索救助当局はこれまでにボルネオ島の沖合いの現場から7人の遺体を収容。このうち2体がインドネシアのスラバヤに運ばれました。

当局によりますと、収容された遺体のうち数体は衣服を完全に着用したままでした。このことから、エアアジア機が海面に接した際、機体はばらばらになっていなかったとの見方が出ています。

また当局者によりますと、収容された遺体のうち救命胴衣を着けているものはなかったということです。

乗客乗員162人を乗せたエアアジア機は28日朝、インドネシアのスラバヤからシンガポールに向かう途中で消息を絶ちました。乗客のほとんどがインドネシア人です。これまでに生存者は見つかっていないということです。

12月31日、ベトナムのチュオン・タン・サン国家主席、グェン・タン・ズン首相は、インドネシアのジョコ・ウィドドにお見舞いの言葉を伝えました。

ご感想

他の情報