エジプト、米国の支援凍結を「間違った決定」と批判

10日、エジプト外務省の報道官は、アメリカがエジプトへの軍事支援と資金援助を一部凍結したことに関し、「間違った決定」だと批判しました。

エジプト、米国の支援凍結を「間違った決定」と批判 - ảnh 1

外務省の報道官は民営ラジオ局に対し、「決定は間違っている。エジプトは米国からの圧力に屈することはなく、引き続き、ロードマップ(行程表)で定められた民主化の道をたどる」と述べました。

オバマ大統領は、ことし7月にエジプトで事実上のクーデターが起き、混乱が続いていることを踏まえ、支援の在り方を見直すよう国務省などに指示していました。
また、アメリカ政府の高官は9日、検討の結果、予定されていたF16戦闘機や攻撃用ヘリコプターなどのエジプト軍への引き渡しや、およそ2億6000万ドルに上る 財政援助を凍結すると発表しました。一方で、軍が主導するエジプトの暫定政府との協力関係は維持し、テロ対策などの分野で支援を継続することにしていました。

ご感想

他の情報